2008年3月30日日曜日

撤退のしかた

起業してうまく行かない時には、致命傷を負わずに撤退することが大切である。

ここで言う致命傷とは、負債と信用の失墜、人間関係を傷つけることである。

致命傷を負わなければ、またやり直すことができるかも知れない。
きっとチャンスはめぐって来る。再起に賭けよう。

その一方で、致命傷を避けるよう行動すれば、そもそも撤退せずにすむかもしれない。
何故なら、「負債と信用の失墜、人間関係を傷つけること」はうまくいっている会社もダメにしてしまうから。

軌道に乗るまでは無理な拡大はすべきではない。だれがなんと言おうと、こじんまり行こう。身の丈に合っていることが大事。
そもそも、大成功する方がまぐれなんだし。

0 件のコメント: