2008年7月17日木曜日

オリジナリティ

商売で何とか生き残るためには、オリジナリティとかクールさなんかなくても、顧客が求めるものを提供していくことが必要だと思う。でも、それだけじゃつまらないよね。

2008年7月2日水曜日

「やらなければいけないこと」と「やりたいこと」の違いを意識しないといけない

例えば、日常のタスク次の様に属性分けしてみるとする。
  • 「やりたいこと」、「やりたくないこと」
  • 「やれること」、「やれないこと」
  • 「やらなくてもいいこと」、「やらなければいけないこと」
  • 「やった方が良いこと」、「やらない方が良いこと」
結局、取り掛かるのは、この中の「やりたいこと」「やれること」「やらなければいけないこと」、「やった方が良いこと」のいずれかの属性を持つものになるだろう。

当然、業務の中では「やらなければいけないこと」「やった方が良いこと」を、一生懸命やらないといけない。

しかしながら、中には、「やりたいこと」の属性しか持たないものばかりを、一生懸命やってしまう人がいる。「やりたいこと」に情熱を燃やすのは素晴らしいことだが、それが業務と勘違いしてはいけない。不幸のもとである。

自分も、若かりし頃、「やりたいこと」ばかりをやって、「仕事してるなぁー」と勘違いしていた記憶がある。

自分のやろうとしていることが、本当に業務として「やらなければいけないこと」なのか、単に自分が「やりたいこと」なのか、よくよく意識していないと不幸である。

その一方で、労働者としての自分自身を振り返ってみると、
「やりたいこと」をやりたい。
でも、「やらなければいけないこと」が残っている。
手が付かないので、「やれること」に取り掛かる。
そして、一日が終る。

こんなことばかり、繰り返して来た。
あーあ、「やりたいこと」しかやらなくて良い職業に付きたいよー、とぼやいてみてもそんなのある訳無い。

「やりたいこと」=「やらなければいけないこと」なら良いのに。

でも、そうじゃないことが多い。

Just Do itの精神で片っ端から片付けて行くしか無い。

ひでぇ文章。

追記: このエントリ自体が、「やらなければいけないこと」からの逃避に他ならない。仕事しろよ>自分