2008年11月7日金曜日

本家Linuxカーネルに採用されました!

うちのmitake君が書いてくれたEDACドライバが、メインラインカーネルに採用になりました。
http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/testing/ChangeLog-2.6.28-rc3

commit df8bc08c192f00f155185bfd6f052d46a728814a
Author: Hitoshi Mitake
Date: Wed Oct 29 14:00:50 2008 -0700

edac x38: new MC driver module

I wrote a new module for Intel X38 chipset. This chipset is very similar
to Intel 3200 chipset, but there are some different points, so I copyed
i3200_edac.c and modified.

This is Intel's web page describing this chipset.
http://www.intel.com/Products/Desktop/Chipsets/X38/X38-overview.htm

I've tested this new module with broken memory, and it seems to be working
well.

Signed-off-by: Hitoshi Mitake
Signed-off-by: Doug Thompson
Signed-off-by: Andrew Morton
Signed-off-by: Linus Torvalds

先日本ブログで紹介したIntelの2in1サーバ(SR1520ML)には、X38チップセットが搭載されています。このチップセットはECCメモリに対応しているので、1ビットエラーは訂正、2ビットエラー以上は検出可能です。

Linuxカーネルでは、この様なECCイベントをEDACというモジュールで検出することが可能なのですが、今までは、X38用のEDACドライバが存在していなかったので、検出できていませんでした。

それをmitake君が書いてくれたと言う訳です。

いずれ世界中のLinuxマシンに彼の書いたプログラムがのるわけで、これって、とてもすごいことだと思います!

mitake君、おめでとう!

0 件のコメント: