2009年11月9日月曜日

VAIO X linuxでの輝度調整

ここを参考に。

setpci コマンドで直接設定を行います。 VAIO type P では 00:02.0 F4.B が輝度用のデバイスです。
輝度の範囲は 00〜FF(暗い〜明い) です。

VAIO Xでも同じだろうということでやってみると、やはりその通り。輝度調節できました。

最小はB=0だけど、そうすると真っ暗になってしまう。B=10前後がいいところか。
setpci -s 00:02.0 F4.B=10

最大はB=FF。
setpci -s 00:02.0 F4.B=FF

B=10の時の消費電力
# grep rate /proc/acpi/battery/BAT0/state
present rate: 6104 mW
B=FFの時の消費電力
# grep rate /proc/acpi/battery/BAT0/state
present rate: 7628 mW
Lバッテリの場合"design capacity: 33590 mWh"なので、B=10にすれば、5時間ちょっとは使えそうです。

追記 cpufreqdの設定で、ACプラグON/OFFで輝度が変わるようにしました。
/etc/cpufreqd.conf
[Profile]
name=Performance High
minfreq=100%
maxfreq=100%
policy=performance
exec_post=/usr/bin/setpci -s 00:02.0 F4.B=ff
[/Profile]

[Profile]
name=Powersave Low
minfreq=40%
maxfreq=40%
policy=powersave
exec_post=/usr/bin/setpci -s 00:02.0 F4.B=10
[/Profile]

[Rule]
name=AC Rule
ac=on
profile=Performance High
[/Rule]

[Rule]
name=AC Off - Low Battery
ac=off
battery_interval=0-100
profile=Powersave Low
[/Rule]

2009年11月4日水曜日

vaio x + d31hw 電池の持ちは3.5時間

イーモバイルD31HWでロマンスカー車内から接続中。

消費電力は約10W。この調子だと、せいぜい3.5時間がいいところです

vaiox:~# cat /proc/acpi/battery/BAT0/state
present: yes
capacity state: ok
charging state: discharging
present rate: 10101 mW
remaining capacity: 32240 mWh
present voltage: 7992 mV
vaio xは店頭販売モデルなのでLバッテリが標準ですが、Xバッテリが欲しくなります。

2009年11月3日火曜日

vaio xの駆動時間は実質4時間位か

メーカーのページにL型バッテリ駆動時間は約10時間とあるので期待して購入したvaio xですが、私の環境では、4時間位がいいところのようです。

環境 Debian Linux(カーネル2.6.31.5)

電池の容量は、33590 mWh
vaiox:/home/ktaka# cat /proc/acpi/battery/BAT0/info
present: yes
design capacity: 33590 mWh
last full capacity: 33590 mWh
battery technology: rechargeable
design voltage: 7400 mV
design capacity warning: 3350 mWh
design capacity low: 120 mWh
capacity granularity 1: 0 mWh
capacity granularity 2: 1 mWh
model number:
serial number:
battery type: Lion
OEM info: Sony Corporation
800MHz動作時の、消費電力は、7669mW
# cat /proc/acpi/battery/BAT0/state
present: yes
capacity state: ok
charging state: discharging
present rate: 7669 mW
remaining capacity: 4710 mWh
present voltage: 6928 mV
よって33590/7669 = 4.38 時間が駆動時間。

CPUのクロックは、cpufreqdのおかげで、バッテリ駆動時は800MHzになっている。
ACアダプタ使用時 1.87GHz
# cat /sys/devices/system/cpu/cpu{0,1}/cpufreq/cpuinfo_cur_freq
1866000
1866000
バッテリ駆動時 800MHz
# cat /sys/devices/system/cpu/cpu{0,1}/cpufreq/cpuinfo_cur_freq
800000
800000
cpufreqd.confの内容
[General]
pidfile=/var/run/cpufreqd.pid
poll_interval=2
verbosity=4
[/General]

[Profile]
name=Performance High
minfreq=100%
maxfreq=100%
policy=performance
#exec_post=echo 8 > /proc/acpi/sony/brightness
[/Profile]

[Profile]
name=Powersave Low
minfreq=40%
maxfreq=40%
policy=powersave
[/Profile]

[Rule]
name=AC Rule
ac=on # (on/off)
profile=Performance High
[/Rule]

[Rule]
name=AC Off - Low Battery
ac=off # (on/off)
battery_interval=0-100
#exec_post=echo 3 > /proc/acpi/sony/brightness
profile=Powersave Low
[/Rule]
Poulsbo (GMA 500)のグラフィックドライバ(psb)がバニラカーネルに取り込まれていない。
Ubuntuでは、カーネル2.6.28用のドライバが存在するようである。

今はLCDの輝度調節が効かないが、psbが使えれば、輝度を落とすことができ、もう少し長く使えるようになるかもしれない。

2009年11月2日月曜日

Debian Linux でイーモバイルD31HW使う

下り最大21Mbps、上り最大5.8Mbpsのデータ通信カード(スティック)イーモバイルのD31HWを使ってみる。

事前調査によると、このカードは、ストレージとモデムの両方の機能を持っていて、とあるコマンドを送ることによりモードを切り替えられるとのこと。ストレージは、Windowsなどで最初に接続したときに、自動的にデバイスドライバをインストールするためのものであるとのこと。

http://blog.37to.net/2009/01/ubuntuemobiled21lc/
http://show-cha.seesaa.net/article/125815364.html

カードを接続しlsusb で見ると、以下のエントリが現れる。
Bus 001 Device 004: ID 12d1:1446 Huawei Technologies Co., Ltd.

ここから、usb_modeswitchをダウンロードしインストール。
/etc/usb_modeswitch.conf を以下の内容で作成。
# Emobile D31HW
DefaultVendor= 0x12d1
DefaultProduct= 0x1446
TargetVendor= 0x12d1
TargetProduct= 0x1429

MessageEndpoint=0x01
MessageContent="55534243000000000000000000000011060000000000000000000000000000"
usb_modeswitchを実行すると
vaiox:~# usb_modeswitch

Looking for target devices ...
No devices in target mode or class found
Looking for default devices ...
Found default devices (1)
Accessing device 005 on bus 001 ...
Using endpoints 0x01 (out) and 0x81 (in)
Inquiring device details; driver will be detached ...
Looking for active driver ...
OK, driver found ("usb-storage")
OK, driver "usb-storage" detached

Received inquiry data (detailed identification)
-------------------------
Vendor String: HUAWEI
Model String: Mass Storage
Revision String: 2.31
-------------------------

Device description data (identification)
-------------------------
Manufacturer: Huawei Technologies
Product: HUAWEI Mobile
Serial No.: not provided
-------------------------
Setting up communication with interface 0 ...
Trying to send the message to endpoint 0x01 ...
OK, message successfully sent
-> Run lsusb to note any changes. Bye.
lsusbで見てみると
Bus 001 Device 006: ID 12d1:1429 Huawei Technologies Co., Ltd.
デバイスIDが1446から1429に変わっている。

カーネルモジュールをロードすると、/dev/ttyUSB0,1,2が作成される。
# ls -la /dev/ttyUSB*
ls: cannot access /dev/ttyUSB*: No such file or directory

# modprobe usbserial vendor=0x12d1 product=0x1429

# ls -la /dev/ttyUSB*
crw-rw---- 1 root dialout 188, 0 Nov 2 01:02 /dev/ttyUSB0
crw-rw---- 1 root dialout 188, 1 Nov 2 01:02 /dev/ttyUSB1
crw-rw---- 1 root dialout 188, 2 Nov 2 01:02 /dev/ttyUSB2
そして、pppの設定ファイルを作成

/etc/ppp/peers/provider
user "em@em"
connect "/usr/sbin/chat -v -f /etc/chatscripts/pap -T *99***1#"
/dev/ttyUSB0
115200
defaultroute
persist
noauth
usepeerdns
接続してみる
# pon
# ps -ef |grep ppp
root 2404 1 0 01:08 ttyUSB0 00:00:00 /usr/sbin/pppd call provider
root 2410 2088 0 01:08 pts/5 00:00:00 grep ppp
# ip add show dev ppp0
6: ppp0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UNKNOWN qlen 3
link/ppp
inet 114.48.27.146 peer 10.64.64.64/32 scope global ppp0
接続できました。

2009年11月1日日曜日

VAIO X用Linuxカーネルコンフィグ

VAIO Xの各デバイスを認識させるためにとりあえず必要そうなもの。

PATA SSD用のドライバ (8086:811a System Controller Hub (SCH Poulsbo) IDE Controller)
CONFIG_PATA_SCH=y
NICドライバ(11ab:4380 Ethernet controller: Marvell Technology Group Ltd. Device 4380)
CONFIG_SKY2=m
CONFIG_SKY2_DEBUG=y
無線LANドライバ(168c:002b AR9285 Wireless Network Adapter (PCI-Express) )
CONFIG_CFG80211=m
CONFIG_CFG80211_REG_DEBUG=y
CONFIG_CFG80211_DEBUGFS=y
CONFIG_LIB80211=m
CONFIG_LIB80211_DEBUG=y
CONFIG_MAC80211=m
CONFIG_MAC80211_DEFAULT_PS=y
CONFIG_MAC80211_DEFAULT_PS_VALUE=1
CONFIG_MAC80211_RC_PID=y
CONFIG_MAC80211_RC_MINSTREL=y
CONFIG_MAC80211_RC_DEFAULT_MINSTREL=y
CONFIG_MAC80211_RC_DEFAULT="minstrel"
CONFIG_MAC80211_LEDS=y
CONFIG_MAC80211_DEBUGFS=y
CONFIG_MAC80211_DEBUG_MENU=y
CONFIG_WLAN_PRE80211=y
CONFIG_WLAN_80211=y
CONFIG_ATH_COMMON=m
CONFIG_ATH5K=m
CONFIG_ATH5K_DEBUG=y
CONFIG_ATH9K=m
CONFIG_ATH9K_DEBUG=y
イーモバイルD31HWのために...
CONFIG_USB_ACM=m
CONFIG_USB_SERIAL=m
CONFIG_USB_SERIAL_GENERIC=y
イーモバイルのデータカードはこれだけではダメで、usb_modeswitchによるモード切替が必要。