2009年11月3日火曜日

vaio xの駆動時間は実質4時間位か

メーカーのページにL型バッテリ駆動時間は約10時間とあるので期待して購入したvaio xですが、私の環境では、4時間位がいいところのようです。

環境 Debian Linux(カーネル2.6.31.5)

電池の容量は、33590 mWh
vaiox:/home/ktaka# cat /proc/acpi/battery/BAT0/info
present: yes
design capacity: 33590 mWh
last full capacity: 33590 mWh
battery technology: rechargeable
design voltage: 7400 mV
design capacity warning: 3350 mWh
design capacity low: 120 mWh
capacity granularity 1: 0 mWh
capacity granularity 2: 1 mWh
model number:
serial number:
battery type: Lion
OEM info: Sony Corporation
800MHz動作時の、消費電力は、7669mW
# cat /proc/acpi/battery/BAT0/state
present: yes
capacity state: ok
charging state: discharging
present rate: 7669 mW
remaining capacity: 4710 mWh
present voltage: 6928 mV
よって33590/7669 = 4.38 時間が駆動時間。

CPUのクロックは、cpufreqdのおかげで、バッテリ駆動時は800MHzになっている。
ACアダプタ使用時 1.87GHz
# cat /sys/devices/system/cpu/cpu{0,1}/cpufreq/cpuinfo_cur_freq
1866000
1866000
バッテリ駆動時 800MHz
# cat /sys/devices/system/cpu/cpu{0,1}/cpufreq/cpuinfo_cur_freq
800000
800000
cpufreqd.confの内容
[General]
pidfile=/var/run/cpufreqd.pid
poll_interval=2
verbosity=4
[/General]

[Profile]
name=Performance High
minfreq=100%
maxfreq=100%
policy=performance
#exec_post=echo 8 > /proc/acpi/sony/brightness
[/Profile]

[Profile]
name=Powersave Low
minfreq=40%
maxfreq=40%
policy=powersave
[/Profile]

[Rule]
name=AC Rule
ac=on # (on/off)
profile=Performance High
[/Rule]

[Rule]
name=AC Off - Low Battery
ac=off # (on/off)
battery_interval=0-100
#exec_post=echo 3 > /proc/acpi/sony/brightness
profile=Powersave Low
[/Rule]
Poulsbo (GMA 500)のグラフィックドライバ(psb)がバニラカーネルに取り込まれていない。
Ubuntuでは、カーネル2.6.28用のドライバが存在するようである。

今はLCDの輝度調節が効かないが、psbが使えれば、輝度を落とすことができ、もう少し長く使えるようになるかもしれない。

0 件のコメント: