2012年5月29日火曜日

KVM用のマシンの引越し

先日立ち上げたKVM用のマシンですが、同じ機種のwindows serverマシンが故障で起動不能になってしまったため、代替機として使用することになってしまいました。そこで、弊社で過去に販売していたIntel製の1Uサーバに引っ越すことにしました。

スペックは
CPU: Intel QuadCore Xeon X3440, 2.53GHz, cache 8 MB 
MEM: DDR2 800MHz ECC Unbuffered 2GB x2 
HDD: Seagate ST3320613AS 320GB SATA 
NIC: Intel 82574L / 82578DM
と、メモリが若干少ないですが、なかなか素敵なサーバです。メモリは機会を見て増設することにします。



ちなみに、このサーバの後継機種はこちらになります。最新のIntel Xeon E3-12xx v2(Ivybridge)シリーズのプロセッサを搭載していて大変コストパフォーマンスに優れています。

引越し作業は次の様にしました。まず、HDDを載せ替えてブートしてみます。ネットワークが認識しなかったので、ホストカーネルをコンパイルし直しe1000eを有効にしました。

このマシンのKVM環境、前回のブログを書いてからそのまま放置していたので、まだ完成していません。

近いうちにちゃんと使えるようにしておきたいと思います。

0 件のコメント: