2015年10月18日日曜日

The art of innovation | Guy Kawasaki | TEDxBerkeley の要点メモ


こんにちは、今日はいい天気にもかかわらず、自宅に引きこもってSNS眺めたり、Youtube見てました。本当はやらなきゃいけないお仕事があったんですが ^^;)

前からちょくちょく見ていたGuy KawasakiのTalkの一つの「The art of innovation(イノベーションの技術)」分用メモです。書き出しておかないと内容忘れて何度も見る羽目になってしまうので。



  1. Make meaning as opposed to make money. If you start off with the sole desire to make money, you won’t make money, you won’t make meaning, you won’t change the world, and you’ll probably fail. お金よりもそれをやる意味が大事。
  2. Make Mantra. Two or three explanation why your meaning should exist. Nike: authentic athletic performance, Fedex: Peace of mind, Wendy: (should be) Healthy fast food. その意味が存在する必要を、2、3、4語のマントラにしておくと良い。
  3. Jump to the next curve. Great innovation occurs when you get to the next curve. 10%の進歩ではなく次のカーブに乗ることが大事。
  4. Roll the DICEE. Deep, Intelligent, Complete, Empowering, Elegant 深い進歩、賢さ(マスタングは鍵ごとに最高速がプログラムされいる)、完全さ(レクサス)、可能性を与えるもの(Macbook Air)、エレガントさなどの要素が必要。参考
  5. Don’t worry be crappy. If you waited for perfect world, you would never ship. 完璧さを求めたらいつまでたっても出荷できない。革新的なプロダクトは多少のクラッピネスを恐れずにまず出荷することが大事。
  6. Let 100 flowers blossom. One of the reasons why I believe in God is there is no other explanations for Apple’s continued survival than the existence of God. When the customer use your product if they say it’s the desktop publishing machine, haleluya, declare the victory, it is now a desktop publishing machine. Positioning branding ultimately comes down to what the customer decides, not to what you decides. マックはワープロ、スプレッドシート、データベースではダメだったけど、DTPマシンとして成功した。ポジショニング、ブランディングは究極的には、顧客が決めるものである。
  7. Polarize people.The great product polarize people. Don’t be afraid of polarizing people. 偉大なプロダクトは時に敵を作るが恐れてはいけない。ただし、敵を作れと言っているのではない。
  8. Churn, baby churn. As soon as you ship the product, you need to start listening people and keep evolving the product. 出荷するまではエキスパートの声を無視しなければいけないが、出荷されたら直ちにユーザーの声に耳を傾け、商品を進化させ続けなければならない。
  9. Niche yourself. ユニーク、価値の2x2マトリックス、右上を取らなければいけない。
  10. Perfect your pitch. Customize your introduction. 10 20 30 rules of presentation. 10 slides 20 minutes 30 point fonts. ピッチのTips。イントロを聴衆に合わせてカスタマイズ。10スライド、20分のトーク、30ポイントフォント。聴衆年齢の半分のフォントサイズ。
  11. Don’t let the bozos grind you down. “I think there is a world of market for maybe five computers. Thomas Watson, IBM, 1943” 成功したbozo達の言葉に騙されるな。

0 件のコメント: