iodrive2入荷しました

FusionIOが製造しているpci expressタイプのフラッシュストレージiodrive2が入荷しました。http://www.fusionio.com/platforms/iodrive2/


SSD等のフラッシュメモリを利用したデバイスの登場により、人気のWEBサイト、ゲームサイトなどでボトルネックになりがちだった、データベースサーバが革新的に高速になるようです。

512ByteのランダムIO性能(IOPS)は、Readが143k、Writeが535kだそうです。 バンド幅に換算すると、それぞれ71.5MB/sec、267.5MB/secと、驚異的な性能です。

弊社ではFusionIOのiodriveシリーズを搭載可能なサーバを扱っております。

今回は、下の写真のようなサーバに組み込んで出荷しました。



コメント

このブログの人気の投稿

MegaRAIDのStorCLIを試してみました。

sshuttle vpnでサーバのリモート管理を便利に

Intel SSDの保証とsmart情報について