Dynabook GZ83/MLにDebian Linuxをのせて使ってます。

先日購入したノートパソコンのご紹介です。

ちまたではM1 Macbook Air/Proの評判が高いようですが、920gの12インチMacbookが出なかったことに落胆し、軽量なノートパソコンを購入してしまいました。

M1 Macの性能がものすごく高いようなので、失敗したかなと思いつつも、でもAirといっても1.3kgもあったら持って歩けないよなぁとか、やっぱり悩みつつもLinuxを日頃から触るのは楽しいよなぁとか、自分に言い聞かせながら悶々とした日々を過ごしております。

Macとても良いんですけどね、重くなければ。

そして購入したノートパソコンがこれ。Dynabook GZ83/ML。https://dynabook.com/direct/pc/catalog/2020-spring/gz83m/spec.html


洒落っ気も何も無いですけど、とにかく軽くて、そこそこ良いCPU積んでるんです。

仕様はこのページにあるとおりですが、特に気に入ってる点は、
6コアCore i7 CPU、16GBメモリ、512GB NVMe SSD、859gという軽さなどです。

あと1GNIGやHDMIのコネクタが最初からついていたり、USB Type-C PDで充電できたりするのも、とても便利です。

OSはもちろん、Debian Linuxにしてるんですけど、今回はWindowsもデュアルブートできるようにしてあります。

会計ソフトやNovaのお茶の間留学のソフトなんかが、Windowsじゃないと動かないので、仕方なく残している感じです。

デュアルブートも昔からありますが、最近のノートパソコンはBiosがUEFI化されていて、ちょっと昔とは勝手が違っていたりしました。

その辺りも、追々ブログにまとめられたらと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

MegaRAIDのStorCLIを試してみました。

LinuxルーターでのIPv6 IPoE設定

Intel SSDの保証とsmart情報について