2015年10月14日水曜日

pppoe接続のインターフェース名を変更する How to rename pppoe interface name.

フレッツ回線でlinuxルーターからpppoeセッションを場合、インターフェース名がppp0、ppp1などとなり、どのプロバイダへの接続なのか判別しづらく不便に感じることがあります。

 # ip add show dev ppp0  
 8: ppp0: <POINTOPOINT,MULTICAST,NOARP,UP,LOWER_UP> mtu 1454 qdisc pfifo_fast state UNKNOWN qlen 3  
   link/ppp   
   inet x.x.x.x peer x.x.x.x/32 scope global ppp0  
     valid_lft forever preferred_lft forever  

ここで、ppp0の部分を任意の名前、例えば接続先のプロバイダ名などにしておけば便利でしょう。Debian Wheezyの場合は次のようにしてやれば、そういうことが可能です。

/etc/network/interfaces
 auto irevo  
 iface irevo inet ppp  
    provider irevo  

/etc/ppp/peers/irevo
 noipdefault  
 hide-password  
 lcp-echo-interval 20  
 lcp-echo-failure 3  
 connect /bin/true  
 noauth  
 persist  
 mtu 1492  
 noaccomp  
 default-asyncmap  
 linkname "irevo"  
 plugin rp-pppoe.so eth0.10  
 user "xxxxx@i-revonet.jp"  

/etc/ppp/ip-up.d/02ifrename
 #!/bin/bash   
 ifrename(){  
 if [ "$LINKNAME" != "" ]; then  
     ip link set $IFNAME down  
     ip link set $IFNAME name $LINKNAME  
     ip link set $LINKNAME up  
 else   
     exit   
 fi  
 }  
 if [ "$IFNAME" == "$(/sbin/ip route |grep default | cut -f 3 -d " ")" ]; then  
     ifrename  
     /sbin/ip route add default dev $LINKNAME  
 else  
     ifrename  
 fi  

試してみると確かにインターフェース名がirevoになっていることがわかりました。

 # ip add show dev irevo  
 5: irevo: <POINTOPOINT,MULTICAST,NOARP,UP,LOWER_UP> mtu 1454 qdisc pfifo_fast state UNKNOWN qlen 3  
   link/ppp   
   inet x.x.x.x peer x.x.x.x/32 scope global irevo  
     valid_lft forever preferred_lft forever  

Debian Jessie以降ではpppdに以下のページの修正が入っていて、上記の/etc/ppp/peers/irevoで「linkname "irevo"」とあるところを「ifname "irevo"」
などに変更することで、インターフェースの名前を任意に設定することができるそうです。

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=458646

おそらく、こちらの方がpppdが知っている名前を変えずに済み問題が少いでしょう。
早く、ルーターのOSをDebian jessieにしようと思います。

0 件のコメント: