投稿

10月 29, 2015の投稿を表示しています

マイKVM環境を晒しておきます。My Jessie on Jessie KVM environment.

皆さん、こんにちは。もうすっかり秋ですね。
最近、寒暖差が激しいので、お体には気をつけてくださいね。

さてさて、本日は、弊社で使っているDebian Jessie用のKVM環境をご紹介します。

KVMとはKernel Virtual Machineの略で、Linuxのカーネルで実装された仮想マシンハイパーバイザーのことです。一般的には、ハイパーバイザー自体を指すよりも、それを用いた仮想マシンの方式のことを指す場合も多いかと思います。

弊社ではKVMによる仮想環境を用い、各種サーバプログラム、WEBクラスターなどの検証を行っています。最近のLinuxディストリビューションでは、すでに簡単な操作で仮想マシンを立ち上げることが可能です。しかし、kvmが最初にバニラカーネルに組み込まれたlinux-2.6.20の頃から自家製スクリプトでkvm仮想マシンを利用しており、それが使い易く、興味を持ってくれる人もいるかもしれないのでここに公開する次第です。

仮想マシンの抽象化ライブラリであるlibvirtを介さずGUIなども無いので、比較的仕組みが理解しやすくカスタマイズが簡単であることがメリットかと考えています。カーネルの最新機能や最新のqemuに追従することもたやすくできます。

それでですね、ものはここにおいてあります。

https://github.com/ktaka-ccmp/kvm-setup-jessie

Debian jessieで以下のように、

sudo apt-get install make aptitude git -y git clone git@github.com:ktaka-ccmp/kvm-setup-jessie.git sudo make all gitとmakeとaptitudeをaptでインストールgithubからツールをクローンmake allする を行えばオッケーです。busyboxとkernelのコンパイル時にmenuconfig画面が表示されますが、通常はそのままExitしてください。
何か思うところがあってカスタマイズしたい場合は、そこでカスタマイズを行ってください。
仮想マシンの実行は、/kvm/sbin/kvmスクリプトで行います。中身を見てもらえばわかりますが、このスクリプトでやっていることは、qemuコマンド…