投稿

10月 15, 2015の投稿を表示しています

debian jessieをdebootstrapでインストールした時のメモ

こんばんは。
ブログを書くのは苦手だけど、なんでもいいから書いてみようシリーズです。

会社ではディスクレスのネットブート環境を作ってあって、新しいOSをインストールする時には、まずディスクレスでOSを立ち上げそのOS上でdebootstrapやyum groupinstallなどを使ってファイルシステムの中身を作成することが多いです。あるいはディスクレスでブートして、あらかじめ作成しておいた標準システムをネットワーク越しrsyncやddでコピーしたりすることもあります。
このようにすることで、毎回ブレの少ない、あるいは全くブレのないイメージを作成することができ、非常に便利です。

今回は、ネットブートした後にDebian jessieをdebootstrapした時のメモです。

そして想定読者は、未来の自分です。(最近前にやったことをすぐに忘れてしまうので^^;)

1. ネットブートしたOS上でやること。
apt.h.ccmp.jp:3142がMIRROR元のURLに挟んであるのは、apt-cacher-ngを間に挟んでaptの転送量を節約するためです。

parted /dev/sda mkfs.ext4 /dev/sda1 mkswap /dev/sda2 mount /dev/sda1 /mnt/ apt-get install debootstrap time debootstrap --include=openssh-server,openssh-client,rsync,pciutils,tcpdump,strace,libpam-systemd,ntpdate,openntpd jessie /mnt/ http://apt.h.ccmp.jp:3142/ftp.jp.debian.org/debian mount -t proc none /mnt/proc/ mount -t devtmpfs none /mnt/dev/ mount -t sysfs none /mnt/sys/ rsync -av ~/.ssh/ /mnt/root/.ssh/ vi /mnt/etc/network/interfaces vi /mnt/etc/fstab echo "root:root&…