投稿

2月 16, 2012の投稿を表示しています

Kernel Virtual Machine(kvm)のセットアップ

イメージ
いくつもあるサーバを、仮想化によりまとめることができれば、サーバの保管場所や電気代の節約になる。私の会社ではいくつかのサーバを仮想マシン上で運用している。kvmによる仮想環境の再構築する機会があったので、備忘録的にノウハウというか、工夫した部分について、まとめておきたいと思う。

kvmはそれ用に構築したLinuxカーネルをハイパーバイザーとする仮想マシンである。GuestOSはWindowsやLinuxのみならず、様々なOSがサポートされている。
http://www.linux-kvm.org/page/Guest_Support_Status

今回はDebianLinux上で、バニラカーネルをkvmホスト用に自前でコンパイルしたものに入れ替え、ゲストOSとしてDebianLinuxを複数動かせるようにする。ゲストOSはWEBサーバなどのネットワークサーバ用途を想定しているので、GUI機能は必要ない。したがって、コンソールログインとSSHログインが可能になれば良しとすることにした。
最近のDebianLinuxでは、おそらく標準でGUIを使ってkvmを利用可能である。しかし、仕事で使うとなると中身や仕組みをできるだけ熟知していたくもあるので、余分な機能で被われたディストリビューション標準のツールをあえて使わないことにした。

ハードウェアは、ちょっと昔のDellT105が遊んでいたので、これを使うことにした。今となってはそれほど強力なマシンではないが、4コアのAMD Opteronを搭載しており、メモリスロットも4つある。これにDDR2 ECC 2GBを4本積んで、8GBのメモリを確保した。



1. ハードウェアスペック
CPU: Quad-Core AMD Opteron 1352,  2.1GHz, cache 512 KB
MEM: DDR2 800MHz ECC Unbuffered 4GB x8
HDD: Seagate ST3320613AS 320GB SATA
NIC: Broadcom NetXtreme BCM5722kvmで仮想マシンを作る場合、IntelのCPUであればIntel VT、AMDのCPUであればAMD-Vに対応している必要がある。CPUのそれらの仮想化支援機能が無ければただの低速エミュレーターになってしまう。

CPUにそれらの機能が備…